「直下型地震」への備えは

 

出来ていますか?

 

 

 

特許FC工法制震装置の登場 !!

 

 

現状の建物を今直ぐに

 

 

☆「制震・建物」へグレードアップ!!

 

 

       建物の屋上に設置するだけで完成です!!

       新築建物にも、既存建物にもOK!!

        (*注:昭和56年以前の建物には耐震診断が必要となります


 

世界初直下型地震用制震装置」として

 

特許」を2件取得しました!

 

 

  *現在4棟の建物に17基の「制震装置」を設置しています。

   更に4棟の新築マンションに20基の制振装置設置が決定!        

    *制震装置設置建物での地震時の建物の揺れを計測した結果

     <建物の揺れを減衰させたことが実証されました!>

    *屋上に設置しますので、引っ越し等の手間がありません!

     *工事期間は長くて日程度です!

    *地震後は制震装置が自己復帰しますので、設置後の

   メンテナンス経費が低く抑えられます!

 


 

 

制震装置とは 

 

 

1.制震装置の特性

 

 

 

 

 

2.震動実験の動画

 

<振動実験動画の公開>


       No.1 ピンポン玉振動防止実験


       No.2 制震装置体験実験     

 


       No.3 消化器転倒防止実験


       No.4 実物大軸組による振動実験


       No.5 縦振動減衰実験 (最大加速度=15G 社内)


       No.6 縦振動減衰実験 (最大加速度= 7G 某研究所)

 

 

3.制震装置の仕様

TNC-RF01-150N

設置場所

屋上 ・ 床上等

対応建物

鉄筋コンクリート造 ・ 鉄骨造

建物の規模

1,000㎡以下の建物に使用

仕様

      : W x D x H  =  900 x 650 x 220 ~
  重   量 : 約 2500 N/UNIT (250kg/UNIT) ~
 減    : 150KN/UNIT
  最大加速度 : 10G (9,800gal)
 外部仕様  : 鉄板加工+溶融亜鉛メッキ
 内部仕様  : ステンレス部品+アルミ部品+(鉄板加工+溶融亜鉛メッキ)
制震装置の       耐久年数  新築建物 最大 20年
: 既存建物 最大 15年 (建物の耐用年数を考慮)
メンテナンス : 定期メンテナンスを行うことで耐久年数が最大まで見込めます。
  装置特性  

: 地震後に装置の稼働部分は自己復帰しますので、メンテナンスが

  容易です。

: 錆びにくい。 抗熱可塑性で耐久性に優れています。
: 装置の取り外しが容易のため、修理や部品交換が簡単です。
: 完全防水仕様です。

 

 

TNC-RF01-300N

 

 

 

設置場所

屋上 ・ 床上等

対応建物

鉄筋コンクリート造 ・ 鉄骨造

建物の規模

5,000㎡ まで

仕様

      : W x D x H  =  1300 x 1000 x 310 ~
  重   量 : 約 4800 N/UNIT (480kg/UNIT) ~
 減    : 300KN/UNIT
 最大加速度 : 15G (9,800gal)
 外部仕様  : 鉄板加工+溶融亜鉛メッキ
 内部仕様  : ステンレス部品+アルミ部品+(鉄板加工+溶融亜鉛メッキ)
制震装置の       耐久年数  新築建物 最大 30年
: 既存建物 最大 15年 (建物の耐用年数を考慮)
メンテナンス : 定期メンテナンスを行うことで耐久年数が最大まで見込めます。
  装置特性  

: 地震後に装置の稼働部分は自己復帰しますので、メンテナンスが

  容易です。

: 錆びにくい。 抗熱可塑性で耐久性に優れています。
: 装置の取り外しが容易のため、修理や部品交換が簡単です。
: 完全防水仕様です。

 

 

 

TNC-RF01-400N

設置場所

屋上 ・ 床上等

対応建物

鉄筋コンクリート造 ・ 鉄骨造

建物の規模

5,000㎡ 以上

仕様

      : W x D x H  =  1600 x 1100 x 350 ~
  重   量 : 約 5500 N/UNIT (550kg/UNIT) ~
 減    : 400KN/UNIT
  最大加速度 : 15G (9,800gal)
 外部仕様  : 鉄板加工+溶融亜鉛メッキ
 内部仕様  : ステンレス部品+アルミ部品+(鉄板加工+溶融亜鉛メッキ)
制震装置の       耐久年数  新築建物 最大 30年
: 既存建物 最大 15年 (建物の耐用年数を考慮)
メンテナンス : 定期メンテナンスを行うことで耐久年数が最大まで見込めます。
  装置特性  

: 地震後に装置の稼働部分は自己復帰しますので、メンテナンスが

  容易です。

: 錆びにくい。 抗熱可塑性で耐久性に優れています。
: 装置の取り外しが容易のため、修理や部品交換が簡単です。
: 完全防水仕様です。

 

 

4.制震装置-設置の流れ

 

 

 

 

5.制震装置-設置の施工手順

 

 

 

 

                   是非、御相談ください!

            ☎ 03-5778-3693

    Homepage  www.tanaka-taisin.co.jp

                            たなか  せいしん こうぞう けんきゅうじょ

      株式会社 田中制震構造研究所

〒106-0031 東京都港区西麻布4-10-6

 

 

 

 6.制震装置による建物の揺れの減少を実証!

 

制震装置」による直下地震補強工事の実施例-1

 

 

 東京都品川区にある14階建鉄骨鉄筋コンクリート構造マンション 

( 新耐震基準適応建物 )

建設年度:平成10年(築18年)

  延べ面積:4,000㎡  

  制震装置設置数: 6カ所

アンカー設置    2015年 4月20日 ~ 4月21日

制震装置設置 :  2015年 4月23日 ~ 4月24日(設置に2日間)

< 制震装置設置図 (平面) >

 

< 制震装置設置図 (立面) >

< 制震装置設置状況>

*制震装置による建物の揺れの減少を実証しました!

 

 

 

 

 

 制震装置」による直下地震補強工事の実施例-

 

 

東京都渋谷区にある4階建鉄筋コンクリート構造マンション 

( 旧耐震基準適応建物 )

建設年度:昭和50年(築40年)

延べ面積:560㎡ 

 制震装置設置数: 4カ所

アンカー設置    2014年  6月10日~ 6月11日

制震装置設置 :  2014年 6月19日 (設置に1日間)

 

 

*制震装置による建物の揺れの減少を実証しました!

 

 

 

 

 

制震装置」による直下地震補強工事の実施例-3

 

東京都世田谷区にある8階建鉄骨鉄筋コンクリート構造複合施設

( 旧耐震基準建物のため耐震補強済み建物 )

建設年度:昭和50年(築41年)

  延べ面積:6,800㎡  

  制震装置設置数 : 5カ所

  <工事期間>

アンカー設置    2013年12月11日 ~ 2013年12月14日

制震装置設置 :  2013年12月11日 ~ 2013年12月14日(設置に2日程度) 

 

 

 

制震装置」による直下地震補強工事の実施例-

 

 

 東京都町田市にある4階建鉄筋コンクリート構造ビル 

( 新耐震基準適応建物 )

建設年度:平成7年(築21年)

  延べ面積:460㎡  

  制震装置設置数: 2カ所

アンカー設置    2014年  4月13日~ 4月14日

 

< 制震装置設置図 (平面) >

 

 

是非、御相談ください!

 

03-5778-3693

            E-mail  www.tanaka-taisin.co.jp

 

                            たなか   せいしん こうぞう けんきゅうじょ

株式会社 田中制震構造研究所

〒106-0031 東京都港区西麻布4-10-6

 

 

 

<TOPに戻る>